できる事をできる時に。ぐっすり眠る為にやっている事。

寝る前には食事を取らず、お風呂も避けるのが良いと聞きました。
食事をする事で胃が起きた状態になり、眠っていても体が休まらないのだとか。
お風呂は、交感神経が優位になってしまうので、興奮して眠れなくなるそうです。
確かに、これらに気を付けて眠った日は、いつもより気持ち良く眠れる気がしました。

しかし、夜まで働いていると、なかなか実践できない日が多くあります。寝る3時間前に食事を済ませておけばいいとよく言いますが、仕事から帰ってきてお風呂に入り、食事を取り、そこから3時間起き続けるなんて事は不可能です。
明日も早く起きないといけないので、食後に3時間起き続けていると睡眠時間が削られてしまいます。

現代の働く日本人にはなかなか難しいのではないでしょうか。
私は、これらを守れない代わりに、他に良いとされる事はきちんと守っています。

寝るとき以外には布団に入らない、きちんと日光を浴びる、適度な運動、ストレスを溜めない、などです。
これらは睡眠だけでなく、身体の健康を整えるのに必要な事。身体が健康になれば睡眠の質も良くなるし、反対に睡眠の質が良くなれば身体も健康になれる。

良いとされる事の全てを守る必要はなく、自分にできる事をできる時にやっていくのが良い方法なのだと思います。続きはこちら>>>>>ぐっすり眠りたいサプリ